二人でカウンセリングを | 離婚を回避したい!そんな時は相談所でカウンセリングを受けよう
  • 離婚を回避したい!そんな時は相談所でカウンセリングを受けよう

二人でカウンセリングを

痴話喧嘩

離婚問題についてのカウンセリングを受けたい、そう思った時に夫婦関係が完全に冷めきり、家庭内別居のような状態になっていたのなら、カウンセリングの予約を行った人しかカウンセリングを受けに来ません。
ですが、もしそのような状態でカウンセリングを受けてしまったのなら、カウンセリングを受けて予約者が考え方を正反対に変え、離婚する、もしくは離婚を辞める、という選択を取らなければ、話は平行線のまま前に進んでいきません。
なので、もし確実に現状を打破したいのであれば、完全に夫婦の関係が冷め切っていたとしても、絶対に二人で一緒にカウンセリングを受けに来ましょう。

カウンセリング自体はカウンセリングとの1対1で行われます。
ですが、一緒にカウンセリングを受けに来ることによって、自分の考え方が変わらなかったとしても、相手の考え方が変わり、離婚するのを辞めることになったり、逆に離婚する意思を固めてくれる可能性があるのです。
そうなった場合、今まで平行線だった話は一気に前に進み、離婚する・しない問わず、夫婦の関係をガラッと変えるような事が発生するのです。

なので、もしカウンセリングを受けるのであれば可能な限り夫婦一緒にカウンセリングを受けに来ましょう。
また、相手がカウンセリングで自分のことをどのように言ったのか、自分が相手の事をどう言ったのか、というような情報が漏れることはないので、一緒に来たからもしかしたら悪口がバレるかも……と不安に思わず、自分の思っていることを正直にカウンセラーに伝えましょう。